KDDI、クラウドプラットフォームに「HCIオプション」などを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、クラウドプラットフォームに「HCIオプション」などを追加


掲載日:2016/08/08


News

 KDDIは、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)で、ソフトウェアにより仮想環境のサーバやストレージを単一ハードウェアに統合する技術HCI(Hyper-Converged Infrastructure)を用いた「HCIオプション」の提供を10月3日に開始する。また、初期費用と月額料が無料で、KCPSの仮想サーバと同社のデータセンター「TELEHOUSE」に設置したユーザー指定機器を接続できるメニュー「データセンターコネクト」の提供を8月24日に開始する。

 HCIオプションでは、複数のノードで同時並行的に処理が可能な分散型アーキテクチャによる優れた性能が提供されるほか、容易にノードの組み合わせが可能になっている。また、TELEHOUSEに設置する機器として、冗長化された10Gbpsポートを搭載したマルチレイヤースイッチと、4ノードのHCIサーバをパッケージ化して月額モデルで提供する。

 Nutanix社製ソフトウェアを組み込んだデル製ハードウェアを採用している。最小構成4ノードから利用可能で、ノードは追加することもできる。1ノードのスペックは、CPUが24コア(12コア×2)、メモリ128GB、ストレージはSSDで800GB(400GB×2)、SASで4TB(1TB×4)となっている。

 基幹システムのクラウド化を可能にし、プライベートクラウドとしての利用に適している。また、データセンターコネクトとの連携により、システムのクラウド化に必要な設計を容易に行えるほか、HCI機器を月額料で利用できるため、導入時の初期投資の低減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068698


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ