日本IBM、アクセンチュアなど6社共同でDevOps推進協議会を設立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、アクセンチュアなど6社共同でDevOps推進協議会を設立


掲載日:2016/08/04


News

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、同社、アクセンチュア、伊藤忠テクノソリューションズ、日本情報通信、NEC、ユーオス・グループが参画し、「DevOps推進協議会」を7月26日に発足したと発表した。

 DevOpsとは、開発と運用部門が連携して迅速なシステム開発と運用を実践することだという。

 DevOps推進協議会では、DevOps手法による最新の開発・運用手法や基盤の実証と、それを利用する事業がタイムリーな変革を実践可能になるためのITサービスモデルを構築することを目標としていると伝えている。

 また、DevOpsの技法を体系化および標準化して公開することで、DevOps手法や技術の普及と適用事案の蓄積を図ること、クラウド基盤とオンプレミスの基幹システムを含むハイブリッドクラウド環境の統合にも利用し得るITサービスモデルと技法を検証することも目標としていると述べている。

 具体的な活動としては、まず分科会を設置し、DevOps概念に基づく手法、モデルやツールの情報を収集して、ITサービスの適用形態に応じた仮説を検証するという。次に実ビジネス事案を持つ会員・非会員企業と連携し、実証実験を通じて想定するビジネス価値や目標の実現性を測定して、有効性や課題点を抽出するとしている。この結果からまた、モデルや技法分科会は改善された手法などを再定義すると伝えている。

 一連の活動で得た知見は、会員向けDBで文章として管理・共有し、会員はそれらを再利用して実践のDevOpsに基づくビジネスに生かすと述べている。さらに、事例研究分科会を置き、国内外のDevOps適用事例を研究して情報提供を行うとともに、ほかの分科会で取り挙げる手法や、実機による検証にも反映すると伝えている。

 DevOpsの適用領域としては、グローバルで普及が先行するPaaSやコンテナ技術などに基づき、技術革新の速いモバイルやソーシャル、IoT(センサー)、ビッグデータ、人工知能などを組み込んだ“Systems of Engagement”での開発刷新をまず試行し、“Systems of Record”と呼ばれる基幹系での適用や、両者を連携するシステムなどへの拡大を図ると述べている。



関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

導入にも運用にも、情シスが負担を抱えずに済むSFA_JUST.SFA 【ジャストシステム】 五味ちゃんが教える「永遠にWindowsサポート終了がなくなる」方法とは 【ソフトバンク コマース&サービス株式会社】 横浜銀行が実践、「会えないお客さま」に効果的にアプローチする仕組みとは? 【日本アイ・ビー・エム】 1台でスマート会議室を実現、画面共有も楽々のWeb会議専用デバイスとは? 【レノボ・ジャパン株式会社】 リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは 【日本アイ・ビー・エム】
SFA グループウェア その他ストレージ関連 Web会議 その他ストレージ関連
営業が部門導入したSFAの運用に苦労するA社、情シス主導でSFAの導入を進めるも仕様固めに苦労するB社のケースを取り上げ、情シスが負担を抱えずに済むSFAを解説。 五味ちゃんが教える「永遠にWindowsサポート終了がなくなる」方法とは 横浜銀行が実践、「会えないお客さま」に効果的にアプローチする仕組みとは? 1台でスマート会議室を実現、画面共有も楽々のWeb会議専用デバイスとは? リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068654



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ