and One、ソフトウェアIP-PBXの小型アプライアンスモデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


and One、ソフトウェアIP-PBXの小型アプライアンスモデルを発売


掲載日:2016/08/04


News

 and Oneは、ソフトウェアIP-PBX「Primus II」の、ゲートウェイ機能のみを小型サーバにバンドルしたアプライアンスモデル「Primus II Gateway Appliance Model」を、発売した。価格は、2チャネルの接続ライセンスを含め13万8000円から(税別)。

 Primus II Gateway Appliance Modelは、SIPサーバとIP電話のキャリア網を接続するための製品。NTT東日本やNTT西日本のソフトフォン適合検査を通過しており両社の提供する「ひかり電話」への接続が可能なほか、NTTコミュニケーションズが提供する「Arcstar IP Voice」の直収に対応している。導入企業は、専用のWeb設定画面にアクセスして容易にセットアップできる。

 具体的な機能としては、発着信制限や、着信スケジュール設定、発信者番号通知、発信チャネル指定、障害時自動発信チャネル変更、非通知設定、発信者番号検出などが提供される。別途ライセンスにより外線発信規制も可能になるほか、リアルタイム設定、通話履歴、通話録音、バックアップ・リストア、多言語対応、冗長化といった機能も備えている。また、最大で50チャネルまで接続可能になっている。


出荷日・発売日 2016年8月2日 発売
価格 13万8000円〜(税別)

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】 Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
レガシー化した電話環境を進化させるクラウドPBX活用法 働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068650


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ