日本NI、システム開発ソフトの新版で500種以上の計測器に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本NI、システム開発ソフトの新版で500種以上の計測器に対応


掲載日:2016/08/04


News

 日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、グラフィカルな操作で開発作業を簡素化でき、システムを迅速に構築できるシステム開発ソフトウェアの新版「LabVIEW 2016」を発表した。

 「LabVIEW 2016」では、並列動作するコードセクション間の複雑な通信を簡素化できる“チャンネルワイヤ”機能が追加され、コードの可読性が向上し、開発時間の短縮を図れる。同機能は、デスクトップ版とリアルタイム版の両方で使用できる。

 オープン性に優れ、Pythonで記述したコードや他社製のデバイスとの相互運用性が強化されている。また、今回改良された機能を活用することで、コードの開発と実装(デプロイ)を効率化でき、生産性の向上を図れる。

 “チャンネルワイヤ機能”では、複雑な非同期通信を単一のワイヤで表現でき、開発作業の簡素化を図れる。LabVIEW Control Design and Simulation(制御系設計/シミュレーション)モジュールや、LabVIEW MathScript RTモジュール、LabVIEW Unit Test Frameworkツールキット、LabVIEW Desktop Execution Trace(デスクトップ実行トレース)ツールキット、LabVIEW VI Analyzerツールキットの64bit対応アドオンが用意されたことで、使用できるメモリ量が増加する。従来1万種の計測器に対応している計測器ドライバネットワーク(IDNet)では、新しく500種のデバイスに対応することで、ベンチトップ計測をより効率的に自動化できる。また、新しいPython Integration Toolkit for LabVIEWを利用することで、PythonベースのIP(Intellectual Property)への対応を強化でき、LabVIEWベースのアプリケーションにPythonベースのスクリプトを容易に組み込める。同ツールキットはEnthoughtのAPI(Application Programming Interface)で構成され、LabVIEWツールネットワークで提供される。

 同社が提供している、RFの設計やテスト、組込監視/制御、エンジニアリング教育といった用途向けのハードウェア製品にも対応している。ベクトル信号トランシーバの第2世代品や、デジタルパターン計測器「NI PXIe-6570」、低電流対応のSMU(ソースメジャーユニット)「NI PXIe-4135」、TSN(Time-Sensitive Networking)対応の「CompactRIOコントローラ」「NI ELVIS(Educational Laboratory Virtual Instrumentation Suite)RIO Control Module(RIO制御モジュール)」といった新しい製品にも対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

2日かかっていた処理が3〜4時間に、大量データの分析を高速化させる秘訣 【株式会社ノーチラス・テクノロジーズ】 業務バッチを分散処理で高速化、Hadoop/Spark対応バッチ開発フレームワーク 【ノーチラス・テクノロジーズ】 業務アプリ作成ツールは誰でも使えるのか? 開発“無”経験者が試してみた 【株式会社ネオジャパン】 システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 JALがアプリ開発で整備業務を劇的改善、現場目線のモバイルアプリの作り方 【日本アイ・ビー・エム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
2日かかっていた処理が3〜4時間に、大量データの分析を高速化させる秘訣 業務バッチを分散処理で高速化、Hadoop/Spark対応バッチ開発フレームワーク 業務アプリ作成ツールは誰でも使えるのか? 開発“無”経験者が試してみた システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 JALがアプリ開発で整備業務を劇的改善、現場目線のモバイルアプリの作り方

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068644


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ