BASE、EC事業者向けに最短1営業日で売上を入金するサービス提供

IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BASE、EC事業者向けに最短1営業日で売上を入金するサービス提供


掲載日:2016/08/03


News

 BASEは、ECの運営に必要な機能やサービスを各店舗のニーズに合わせてカスタマイズ導入できる選択式のプラグインプラットフォーム(拡張機能)「BASE Apps」で、店舗への売上入金を1営業日で行うサービス「振込申請プラスApp」の提供を開始した。

 BASE Appsは、ネットショップ開設サービス「BASE」向けの拡張機能。「Blog」「商品撮影」「納品書ダウンロード」など約40個の機能の中から、店舗の目的や必要に応じて機能をネットショップや管理画面に導入できる。

 今回の振込申請プラスAppでは、店舗運営者がBASEに対して売上の振込申請を行ってから該当金額が口座に入金されるまでのサイクルを、1営業日まで短縮可能になる。また、あらかじめ店舗運営者側で設定した締め日の翌日にBASEから自動的に売上の入金が行われる定期振込にも対応する。これにより、中小規模EC事業者の円滑な資金繰りをサポートする。

 「早期振込」は、随時、必要な振込申請金額を入力し申請する方法で、午前10時までの申請は翌営業日に入金される。午前10時以降の申請は2営業日後の入金となり、残高が751円以上から振込申請を受け付ける。「定期振込」では、BASEが定めた締め日(5日、10日、15日、20日、25日、末日)の中から希望日を選択すれば、締め日時点での残高が翌営業日に全額自動入金される。締め日時点で残高が2万円以上の場合に定期振込が行われ、残高が2万円に満たない場合は次回繰越となる。

 口座情報は、一度登録すれば変更されるまで登録情報が適用されるため、都度の入力は不要になる。管理画面へのインストール過程でクレジットカード情報を入力し、インストール完了後、1週間程度の審査期間を経て利用可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EC」関連情報をランダムに表示しています。

「EC」関連の製品

EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】 クラウド型企業間受注支援サービス WEBPSN/EC 【NEC】 カード自動決済パッケージ CAPS 【セイコーソリューションズ】 EC事業サポートソリューション Commerce21 Sell-Side Solution 【コマースニジュウイチ】 E-ASPRO 【東計電算】
EC EC EC EC EC
EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。
受注処理をWeb上で行えるようにするECサイト構築クラウドサービス。企業ごとの特性に合わせたカスタマイズにも対応する「セミオーダー型」で、低コスト・短期導入が可能。 カード自動決済パッケージ CAPSは導入実績800セット以上を誇る、仕向側・被仕向側双方に適用可能なカード決済パッケージ。決済インフラのスムーズな構築、高効率な運用に。 会員登録、商品展示、注文、バックオフィスの店舗管理、展示構成管理、使用者管理、決済処理、受注から配送指示などを網羅した、EC事業向けトータルソリューション。 通販業務をすべて一元管理。
サイト管理から出荷まで、通販業務を1つのシステムで効率的に管理できるクラウド型フルフィルメント通販ソリューション。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068628


IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ