NTT Com、「Enterprise Cloud」で国内外の展開拠点と機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、「Enterprise Cloud」で国内外の展開拠点と機能を追加


掲載日:2016/07/29


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」で、国内外3拠点への基盤展開と、エンタープライズ向け機能の追加を開始する。

 「Enterprise Cloud」は、ベアメタルサーバによる専有型(Hosted Private)クラウドと、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を採用した共有型クラウドを組み合わせたクラウドサービス。今回、東日本(JP1)などに加え、西日本(JP2)・香港(HK1)・ドイツ(DE1)の拠点からも、ブロックストレージによるストレージ機能や、ロジカルネットワークに対応したネットワーク機能、モニタリングなどの機能の提供が開始される。

 エンタープライズ向け機能としては、ハイパーバイザー「vSphere ESXi」がインストールされたサーバーが追加される。これにより、オンプレミスの既存システムでVMware仮想環境を運用中のユーザは、既存環境向けの運用プロセスや、独自開発した管理ソフトウェアなどを、「Enterprise Cloud」へのクラウド移行後も継続して活用可能になる。

 また、iSCSIプロトコルで接続可能な、4IOPS/GBの高いI/O性能を提供する“ブロックストレージ”も利用可能になる。ユーザは、100GBから最大1万2000GBまでの容量を、高速DBやビックデータ分析用の外部ストレージとして、他データによる負荷状況の影響を抑えた、安定した環境での利用を図れる。なおこれらの機能は、東日本(JP1)から順次追加される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

“一人情シス”でも安心、中小企業が目指すべき「次世代ITインフラ」とは? 【ディーネット+他】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 クラウド投資額は中堅企業も200万ドル規模に、一方でガバナンスの懸念も増大 【ニュータニックス・ジャパン】 クラウドリファレンスキット for AWS 【SCSK】 SDDC構築の“最短経路” 「SDDC as a Service」を具現化したサービスとは? 【ディーネット+他】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
変化に柔軟なITインフラの構築は、大企業よりもむしろ中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際にITインフラを変えるためには、どのような手段があるのか。 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザー自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 クラウド投資額は中堅企業も200万ドル規模に、一方でガバナンスの懸念も増大 ガイドラインと自動設定ツール、標準運用ツールをセットにしたAWS活用ソリューション。 「SDDC」は、中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際に構築するとなると、どのような手段を採用すべきなのか。具体像を探る。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068562


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ