Vormetric、トークナイゼーション製品でDB不要の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Vormetric、トークナイゼーション製品でDB不要の新版を発売


掲載日:2016/07/28


News

 Vormetric,Inc.は、トークナイゼーション製品の新バージョン「VTS2.0」を日本向けに発売した。

 「VTS2.0」は、トークンボルト(DB)が不要なため、導入コスト/運用負荷の低減やPCI DSSの監査対象の削減が可能。VMware仮想アプライアンスとして提供され、短時間でトークナイゼーションを導入できる。毎秒100万トークナイズと、優れたパフォーマンスでトークナイズ/マスキングを行なえる。Active-Activeクラスタ構成により、ロードバランサとの連携で容易にスケールアップ/高可用性を実現できるよう図られている。使用するDBの種類を問わず、REST APIを用いて簡単にトークナイズ/マスキング処理を組み込める。

 ライセンスは、データを要求するアプリケーションサーバ単位で、利用者数や使用トラフィックには依存しない。VMware仮想環境に実装する、DSM冗長構成モデル+1トークンクライアントの最小構成で販売され、価格は1068万円から。


出荷日・発売日 2016年7月27日 発売
価格 最小構成:1068万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

企業のセキュリティとコンプライアンスを守る、暗号化基盤の最前線に迫る 【ジェムアルト】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 出口対策の敵はうっかりミス? 情報漏えいリスクから解放されるために必要なこと 【クロス・ヘッド+他】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
企業のセキュリティとコンプライアンスを守る、暗号化基盤の最前線に迫る サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 出口対策の敵はうっかりミス? 情報漏えいリスクから解放されるために必要なこと

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068537


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ