提携:ソフトバンクなど、SDN等によるクラウドベースのWANを提供

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ソフトバンクなど、SDN等によるクラウドベースのWANを提供


掲載日:2016/07/28


News

 ソフトバンク株式会社と米Cradlepoint,Inc.は提携し、ネットワークの仮想化技術を採用したクラウドベースのWANサービス「ホワイトクラウド OneLayer on Cradlepoint NetCloud」(OneLayer)の提供を開始した。

 「OneLayer」は、Cradlepoint社のSDN/NFV技術を採用し、クラウドベースで提供するオーバーレイ型のプラットフォームサービス。「OneLayer」で構築したネットワークでは、場所やデバイスを問わず、アクセス制限をかけながらセキュアに、企業リソースやパブリッククラウド上のアプリケーションへの接続が可能になる。

 インターネット上でセキュリティ機能を付加したネットワーク環境をソフトウェアベースで提供し、デバイスに専用のソフトウェアをインストールすることでオフィスや外出先からでもシームレスなLAN環境への接続が可能になる。ハードウェアレスでネットワーク環境の構築が可能になるため、短期間でセキュアなネットワーク環境の構築を図れるほか、拠点ごとの機器の設置やネットワーク設計が不要になり、ネットワーク運用管理の工数を軽減できる。

 ポリシー管理はクラウド上の管理コンソールから実施でき、アクセス可能なクラウドアプリケーションや企業システム、アプリケーションの制御を利用者やデバイス単位で行なえる。また、デバイスごとのネットワークコントロールにより許可されていないデバイスからの接続を制限することもできる。

 利用者、デバイス、アプリケーションごとに細かいセキュリティ設定が可能になるほか、リモートユーザに対してのアクティブディレクトリー連携も行なえる。接続しているすべてのデバイスをメールアドレスやホスト名で識別するため、セキュリティポリシーの管理が容易になる。

 インターネット接続回線など様々な回線が利用できることで、海外オフィスでの利用や、M2M(Machine to Machine)/IoT(Internet of Things)環境にも対応できる。また、キャリアのIP-VPNなどの閉域サービスを利用しているユーザは、「OneLayer」と連携したハイブリッドネットワークを構築することで、利用者や用途に応じたポリシー分離を容易に行なえるようになる。

 なお価格は、初期費用が無料、月額費用が1IDあたり400円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期費用:無料、月額費用:1IDあたり400円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068536


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ