Fortinet、メールセキュリティ製品新版でメール無害化機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Fortinet、メールセキュリティ製品新版でメール無害化機能を提供


掲載日:2016/07/28


News

 フォーティネット(Fortinet)は、市区町村向け“自治体情報システム強靭性向上モデル”に対応したメール無害化ソリューションとして、メールセキュリティアプライアンス「FortiMail」の新バージョンでメール無害化機能の提供を開始した。

 「FortiMail」の新バージョンでは、メールに添付されたファイルの削除や、HTMLスタイルのメールのテキスト化(HTMLタグの無効化)といったメール無害化機能が提供される。また、添付ファイルやHTMLタグがついたままの無害化前の元メールは別途保管し、Webメールとして閲覧可能にすることで、業務継続性を確保しながらマルウェア感染のリスク低減を図れる。

 また、「FortiMail」にサンドボックス「FortiSandbox」を組み合わせることで、ゼロデイ対策を可能にする。「FortiSandbox」との連携で、サンドボックス検査で無害性の確認が取れたファイルのみ転送可能になり、検査が終わるまではメール配送を保留することもできる。システム間は自動連携するため、管理者負担を抑えた運用が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 標的型メール攻撃対策:未知の脅威に対処するための3つのポイント 【フォーティネットジャパン株式会社】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】 メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」 【NTTソフトウェア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 標的型メール攻撃対策:未知の脅威に対処するための3つのポイント クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? メール防衛の最前線を解説 ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068534


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ