エレコム、暗号化とパスワード認証の両方を備えた外付けHDD発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エレコム、暗号化とパスワード認証の両方を備えた外付けHDD発売


掲載日:2016/07/28


News

 エレコム株式会社は、マイナンバーなどの情報漏洩対策として、データ暗号化とパスワード認証を採用したダブルセキュリティを提供する外付けHDDの、デスクトップタイプ「ELD-EENUBK」シリーズとポータブルタイプ「ELP-EENUBK」シリーズを、8月上旬に発売する。価格はオープン価格。

 両シリーズとも、データ書き込み時にデータを自動的にハードウェアで暗号化でき、暗号化には“AES(Advanced Encryption Standard)256”方式を採用している。また、オリジナル認証ツール「ELECOMパスワード管理ツール」により、パスワード入力による認証操作をしなければデータを読み出せない仕様になっている。

 これにより、盗難にあってもパスワードが分からなければデータを読み出せず、またパスワード認証を回避するために分解して読み出そうとしてもデータは暗号化されていて閲覧を防止できる。ハードウェアによるデータの暗号化は、接続するPCのCPUに負荷を与えず、処理速度に影響を受けにくいため、スムーズにデータにアクセスできる。また、「ELECOMパスワード管理ツール」があらかじめインストールされていて接続後すぐに使用を開始できるほか、高速データ転送を可能にするUSB3.0規格に対応している。

 デスクトップタイプの「ELD-EENUBK」シリーズでは、通気用のスリットを装備したエアフロー空冷構造を採用し、本体内部の空気の通り道を確保することで動作の安定化を図っている。また、3.5インチドライブを使用した外付けモデルながら、ファン非搭載で静音性にも優れている。縦置き・横置きの両方に対応し、製品本体の盗難防止を支援するセキュリティスロットを装備している。

 ポータブルタイプの「ELP-EENUBK」シリーズは、耐衝撃性能に優れた衝撃吸収ラバーフレームとフローティング構造を採用している。また、角に丸みを持たせたデザインで、カバンの中に入れても収納物をキズ付けないよう配慮されている。ケース表面には、キズや擦れなどに強いラバー塗装を採用している。


出荷日・発売日 2016年8月上旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068527


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ