日永インターナショナル、チェック・ポイント製品向け運用を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日永インターナショナル、チェック・ポイント製品向け運用を提供


掲載日:2016/07/26


News

 日永インターナショナル株式会社は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社製のネットワークセキュリティ製品・サービス、関連したネットワーク製品向けに、ネットワークセキュリティ運用サービス「日永セキュリティオペレーションセンター(NSOC)」の提供を開始した。

 「NSOC」では、ネットワークやセキュリティ管理にリソース・人員を割けない中小企業向けに、簡易型セキュリティ監視サービスやSIEM分析サービス、定期的なセキュリティレポートサービスなどを提供する。予算にあわせて利用サービス範囲をカスタマイズでき、費用を抑えた導入も可能になっている。

 また、定期的にセキュリティレポートを提供することで、インシデント情報の中から必要な情報を把握できるよう支援する。オプションで、緊急時のオンサイト対処サービスや、セキュリティトレーニングサービスも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

SSL特化で暗号処理も安全性も向上 SSL Visibility Appliance 【マクニカネットワークス株式会社】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 FortiSandbox 【図研ネットウエイブ】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
安心と思ったSSL暗号化は攻撃者も使ってくる、既に悪用は過半数 ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。 既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068495


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ