フォースメディア、10GbEポート内蔵の低価格8ベイNASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フォースメディア、10GbEポート内蔵の低価格8ベイNASを発売


掲載日:2016/07/26
更新日:2016/07/29


News

 株式会社フォースメディアは、台湾QNAP Systemsの「Turbo NAS」シリーズで、10ギガビットイーサネット(GbE)ポートを内蔵した低価格の8ベイNAS「TS-831X」を発売した。

 TS-831Xは、Annapurna Labs Alpine AL-314 クアッドコア 1.4GHz ARM Cortex-A15プロセッサを採用し、標準8GB、最大16GBのメインメモリ(DDR3 RAM)を搭載している。10GbE SFP+ポートを2つ内蔵し、高速なネットワークストレージ環境を低価格で提供する。

 AES(Advanced Encryption Standard)256ビットのハードウェア暗号化でNASボリューム全体を保護し、高いセキュリティ要求に対応できる。SSDキャッシュに対応し、ファイルアクセスの高速化を図れる。USB接続の拡張エンクロージャを2台追加して、最大192TBまで拡張できる(8TB HDD使用時)。仮想JBOD(VJBOD)機能を使用することで、更に8台までのQNAP NASをネットワーク接続してストレージを拡張できる。

 Amazon S3、Glacier、Microsoft Azure、Google Cloud Storage、OneDrive、Google Drive、Dropbox、Boxなど、様々なクラウドサービスと連携できる。LXCとDockerの軽量仮想化技術を統合したContainer Stationを利用することで、同NAS上で複数のLinuxを運用したり、内蔵のDocker Hub Registryからアプリケーションをダウンロードできる。

 機種ごとに、HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」が用意されている。1〜5年の、オンサイト保守または先出しセンドバック保守から選択可能で、24時間365日サービスにも対応できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】
NAS NAS NAS NAS NAS
いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068494


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ