ソフトバンク、SLA99.999%のクラウドサービスの申込受付を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンク、SLA99.999%のクラウドサービスの申込受付を開始


掲載日:2016/07/26


News

 ソフトバンク株式会社は、高信頼性と高性能を提供するキャリアグレードの企業向けクラウドサービス「ホワイトクラウド ASPIRE」の申し込みの受け付けを8月8日に開始する。

 「ASPIRE」は、VMwareが提供している仮想化技術を採用し、仮想化基盤を構成するサーバーやネットワーク機器などのハードウェアから仮想化ソフトウェアまでを含め、SPOF(Single Point of Failure:単一障害点)を排除した構成で提供する。また、SLA(Service Level Agreement:品質保証制度)99.999%の稼働率を保証するキャリアグレードで提供されるほか、24時間365日のサポートが提供される。

 データセンター基盤のコンポーネントを、ネットワーク仮想化プラットフォームソフトウェア「VMware NSX」を利用して仮想化することで、サーバーやストレージのリソースに加え、ネットワーク機能もクラウドで調達・拡張できるため、迅速、柔軟にシステムを構築できる。仮想マシンリソースは、1GHz、1GB単位で選択できるほか、プライベートネットワークセグメントを自由に作成できる。また、ユーザ専用の、操作性に優れたセルフポータルが提供される。

 サーバーリソース増強時の構築作業やインフラ監視、ハードウェア障害への対応などの運用負荷を軽減できるため、運用にかかわるトータルコストと工数の削減を見込めるほか、ビジネスの変化にも迅速に対応する。

 インターネット接続とグローバルIPアドレスが標準で提供されるほか、冗長構成されたファイアウォールや、高可用性サーバが標準で提供される。また、標準ストレージにSSD(フルフラッシュ)を採用することで、HDDに比べ約5倍〜10倍のハイパフォーマンスストレージが提供され、データ入出力の負荷が高いシステムの要件にも対応する。

 月額利用料金(税別)は、リソースプール型が3900円から、サーバー専有型が38万2400円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは? 【インターネットイニシアティブ】 今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由 【日本アイ・ビー・エム】 OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 【インテル】 人的リソースの限られた企業がOpenStackのメリットを最大限に享受するには? 【レッドハット+他】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 大手クラウドベンダーが教える、サービスの裏側と仕組みの秘密 今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由 OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 人的リソースの限られた企業がOpenStackのメリットを最大限に享受するには?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068478


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ