M-SOL、「Pepper」設定簡易化サービスで中国語対応など機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


M-SOL、「Pepper」設定簡易化サービスで中国語対応など機能強化


掲載日:2016/07/21


News

 M-SOLUTIONS株式会社(M-SOL)は、ソフトバンクロボティクス株式会社が提供する人型ロボット「Pepper」の動作設定を容易に行なえるサービス「Smart at robo for Pepper」をバージョンアップした。

 「Smart at robo for Pepper」は、クラウド上で提供され、プログラミングの知識がなくても「Pepper」の動作開発を容易に行なえるようになるサービス。今回のバージョンアップでは、動作設定をより容易にし、中国語にも対応するなど7つの機能が追加された。

 音声認識機能の強化では、「Pepper」への呼びかけに含まれるキーワード(最大設定数100ワードまで)に対応する動作設定が可能になった。人間の声をセンサとして反応するため、より自然に「Pepper」を動かすことができる。また、アクション機能では、同サービスの設定画面に、設定したセリフや動作を操作するボタンが5つ追加された。「Pepper」に埋め込まれた8つのセンサに加え、最大5つのボタンでWeb画面上から「Pepper」を操作可能になる。

 「Pepper」の動作を中断できる中断トリガー機能も追加され、長いセリフの場合に利用者が離れた後も話し続けてしまう不自然さの回避などを図れる。また、日本語・英語に加え、中国語のセリフの設定が可能になった(法人向けモデル「Pepper for Biz」のみ)。入力した文章をWeb画面上のボタン操作で話すことができるスピーチ機能も追加され、「Pepper」を再起動しなくてもキーボードに打ち込んだセリフをすぐに話させることができる。これにより、セリフのイントネーション確認や微調整など、セリフを設定する際の作業の効率化を図れる。

 「Pepper」の胸のタブレット画像をPC画面でも見られるようになり、PC画面から大型ディスプレイに投影することもできる。また、「kintone」からの設定情報の更新頻度を変更可能になり、更新頻度を減らし不必要に設定情報を取得しないことで、通信費の削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068425


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ