ロジカルテック、仮想化で隔離するウイルス防御ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジカルテック、仮想化で隔離するウイルス防御ソフトを発売


掲載日:2016/07/21


News

 ロジカルテック株式会社は、仮想化技術を使用して、ブラウザとメールに特化したインターネットウイルス防御ソフトウェア「SGateDefender」を8月に発売する。

 「SGateDefender」は、Windowsファイルシステムとは異なる仮想ファイルシステムを備え、保存した偽装実行ファイルは稼働できないため、添付ファイルを安全に開ける。また、仮想内のオフィスファイルなどのデータファイルを開く前に、そのファイルに関するプロセスのネットワークを閉じ、ファイル内からのネットワーク不正アクセスを阻止する。

 仮想環境を利用することで、既存の環境から隔離できる上、ネットワークを閉鎖することで、利用中にファイル内の不審なリンクをクリックしたり、ウイルスの埋め込まれたファイルを直接開いた場合も、仮想環境ではウイルスに感染しない。これにより、人間の操作に非依存で、安全な環境で、ウイルス対策ソフトの欠点を補えるため、ブラウザとメール経由でスパイウェアや未知のウイルスに感染する事故に対して、有効な防御策になる。マイナンバー制度への対策にも適している。

 監視対象のプロセスが仮想ファイルを開いた時、ネットワークをリアルタイムに閉じ、ファイルからのネットワークアクセスを即時検知・記録・警告する。また、ブラウザとメールソフト経由の危険なレジストリの情報を書き込み禁止にし、Webサイトやメール添付ファイルからの悪意のある操作を阻止できる。

 価格は、管理サーバ、クライアント(年間ライセンス)ともオープン価格。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は? 【シマンテック】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は? APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068408


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ