NEC、企業のAI活用を支援するコンサルティングサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、企業のAI活用を支援するコンサルティングサービスを発売


掲載日:2016/07/20


News

 日本電気株式会社(NEC)は、AI(人工知能)活用を支援するコンサルティングサービス「AIディスカバリープログラム」を発売した。

 「AIディスカバリープログラム」では、業務革新や新事業創出に向けてAI活用を検討している企業を対象に、同社のAI技術群「NEC the WISE」を適用した事業ビジョン・コンセプトの企画や、AI活用シナリオの検討、アクションプランの策定、実現性検証などを行なう。また、迅速なサービス提供に向け、AIの適用実績を基にした「業種・テーマ別AI活用テンプレート」を整備・適用する。第1弾として、4業種(製造・エネルギー・交通・金融)、4テーマ(リスク回避・コスト削減など)から適用し、順次拡大する予定。

 500プロジェクト以上のAI適用実績を基に、同社の専門要員がユーザそれぞれの環境に適したAI導入企画の短期間での作成を支援する。事業ビジョン・コンセプトの企画では、AI活用事例やデモンストレーションにより、AIを活用した業務革新や新事業創出の可能性が示され、同社のコンサルタントやデザインセンタに所属するビジネスデザイナーが、ユーザとの共創型ワークショップで検討領域におけるAI活用で目指す事業ビジョン(目的)や事業コンセプト(構想)の企画を支援する。

 同社のコンサルタントやデータサイエンティストが、ユーザの事業における活用目的を踏まえ、適用領域の課題抽出、AI活用シナリオの検討、組織・人材・IT基盤等の提言事項なども含めたアクションプランの策定を行なう。実現性検証として、AI活用シナリオ検討を実施したユーザを対象に、シナリオごとに必要となる“データ”“技術”“ビジネス”の3つの観点から実現性の検証を行なう。また必要に応じて、システム画面イメージなどプロトタイプデモの構築やイメージビデオの制作なども実施する。

 「業種・テーマ別AI活用テンプレート」では、業種・テーマごとの検討項目・タスク内容・成果物などをサンプルとしてテンプレート化している。これにより、AI活用の検討を最短で1ヵ月に短縮できる。


出荷日・発売日 2016年7月19日 発売
価格 −−−

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068403


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ