リバーベッド、WAN/拠点LAN/クラウドをまたぐSD-WANをリリース

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リバーベッド、WAN/拠点LAN/クラウドをまたぐSD-WANをリリース


掲載日:2016/07/15


News

 リバーベッドテクノロジー株式会社(リバーベッド)は、SD-WAN(ソフトウェア定義ワイドエリアネットワーク)ソリューション「Riverbed SteelConnect」を、2016年秋頃(予定)に一般向けにリリースする。

 「SteelConnect」は、ビジネスの要件にあわせたアプリケーション・ポリシーを適用でき、企業のニーズに応える性能と機敏性の確保を図れる。

 マルチテナントの集中管理ポータル「SteelConnect Manager」と、統合型の接続機能(ポイントツーポイント型とフルメッシュ型)を提供する、物理/仮想セキュアWANゲートウェイ「SteelConnect Gateway」、ゼロタッチのプロビジョニング、グローバルなアクセス制御ポリシーの自動的な適用、接続されているすべての利用者/デバイスの包括的な可視化を可能にするリモートLANスイッチ「SteelConnect Switches」とWi-Fiアクセスポイント「SteelConnect Access Points」で構成されている。

 WAN/拠点LAN/クラウドネットワークをまたぐ、ソフトウェア定義でアプリケーション中心の接続システムが提供される。個々のアプライアンスの設定を通じてネットワークを管理する代わりに、アプリケーションや利用者、所在地、パフォーマンスのSLA、セキュリティ要件などのビジネスの基本要素や優先順位を利用した、ポリシーベースのオーケストレーション機能が提供される。例えば、『動画アプリケーションのトラフィックはすべて最大容量の回線で送信する』、『ソフトウェアのアップデートはインターネットブロードバンドで送信する』、『ビジネストラフィックはすべて安全なVPNで送信する』などのポリシーを、ITネットワークの設計者が簡単に設定できる。

 直感的なGUIによる柔軟性に優れたインテントベースのワークフローでネットワークを管理できる。分散ネットワークも、ハードウェアの導入前から様々な側面を設計できる。ゼロタッチのプロビジョニングにより、必要な物理デバイスをネットワークに迅速に導入できる。グローバルなネットワークポリシーの集中管理も可能で、ビジネス要件の変更にも柔軟/効率的なアップデートで簡単に対応できる。また、分散ネットワークに接続されているすべての利用者とデバイスを包括的に可視化できる。中央管理コンソールには「SteelCentral」のNPM機能とAPM機能が統合されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068347


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ