OKIデータ、複合機の導入/消耗品コスト削減できるモデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKIデータ、複合機の導入/消耗品コスト削減できるモデルを出荷


掲載日:2016/07/07


News

 株式会社沖データ(OKIデータ)は、複合機の導入/消耗品コストの削減を図れる「COREFIDO3S」を発表し、「COREFIDO3S」に対応したA3カラーLED複合機4モデルの出荷を8月上旬に開始する。

 「COREFIDO3S」は、5年間無償保証やメンテナンス品5年間無償提供、メンテナンスバリアフリー設計/クラウドメンテナンスプラットフォームを採用したことでの保守/メンテナンスコストの削減に加え、購入から5年以内で上限本数内の消耗品(トナーカートリッジ/イメージドラム)を届けるサービス「消耗品バリューサービス」を備えている。

 通常モデル「MC883dnwv」を導入し、消耗品を都度購入する従来の購入形態に比べ、導入/消耗品コストを抑えられる。また、購入の手間やストックスペースの確保が不要になり、TCO削減を支援する。ユーザは、希望に応じてリース契約を行なうことで、本体導入コストと消耗品コストを含めた月々の利用料金を定額化できる。

 今回出荷される「COREFIDO3S」対応モデルは、「MC883dnwvバリューS/M/L/XLタイプ」の4モデル。それぞれに消耗品の提供上限本数が設定されていて、利用状況に合わせて適切なタイプを選択できる。

 価格は、消耗品供給本数トナー24本/ドラム8本の「Sタイプ」が151万円、トナー31本/ドラム13本の「Mタイプ」が170万円、トナー47本/ドラム20本の「Lタイプ」が207万円、トナー60本/ドラム30本の「XLタイプ」が240万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068221


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ