Skeed、高速な遠隔ファイルレプリケーションソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Skeed、高速な遠隔ファイルレプリケーションソフトウェアを発売


掲載日:2016/07/06


News

 株式会社Skeedは、クラウドや遠隔地への大容量バックアップや拠点間のファイル共有を高速化する遠隔ファイルレプリケーションソフトウェア「SkeedSync」を発売した。

 「SkeedSync」は、データ転送ソフトウェア「SilverBullet」の技術を活かし、遠隔地間や低回線品質環境、多数ファイル一括送信時における高速な転送機能を提供する。ほかの通信トラフィックと共存しながら高効率に転送できるため、転送時間帯を問わず転送時間の短縮を支援する。

 最短1分間隔でのリアルタイム同期が可能で、ファイルアクセス権限などを維持するパーミッション同期機能も備えているため、被災時などには送信先のファイルをそのまま本番用に利用することも容易になっている。また、社内に情報システム担当者が不在でも、容易に操作できるよう配慮された、直感的なWeb操作画面を備えている。

 利用シーンとしては、遠隔地の拠点やクラウドデータセンターなどでの待機系サイトへのレプリケーションによる災害対策、グローバルな事業展開におけるデュアルサイトなど複数稼働サイト間でのファイル同期による共同作業の効率化などが想定されている。

 なお価格は、最小構成で100万円から。


出荷日・発売日 2016年7月5日 発売
価格 最小構成:100万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル転送」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル転送」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル転送」関連の製品

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 ファイル転送システム HakoBeruKun-G 【ギガ】 ファイル送受信サービス「Confidential Posting」 【富士通エフ・アイ・ピー】
ファイル転送 ファイル転送 ファイル転送
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
Webブラウザで「簡単・安全」にファイルを送受信できる、大規模ユーザー向けファイル転送システム。クライアントライセンスフリー。クラウドで提供。 「機密データ」や「大容量」のデータを「安心・安全」かつ「簡単」に送受信できるファイル送受信サービス。導入企業の50%以上が金融業界という高セキュリティ機能を搭載。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068211


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ