DNPなど、視認性向上と省エネ化を図った屋外用サイネージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNPなど、視認性向上と省エネ化を図った屋外用サイネージを発売


掲載日:2016/07/06


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、旭硝子株式会社(AGC旭硝子)と共同で、画面の視認性に優れ消費電力を低減した屋外設置用デジタルサイネージ(電子看板)を開発し、7月に発売する。

 今回発売されるデジタルサイネージでは、保護ガラスと液晶ディスプレイを特殊な接着樹脂で貼り合わせたAGC旭硝子の製品「infoverre」を使用することで、外光の反射や映り込みを抑え、屋外での視認性向上を図っている。また、筐体内部の空気の流れの最適化を図った空冷式冷却システムにより、消費電力量の低減を可能にしている。冷却装置(クーラー)をディスプレイの背面に設置した従来製品に比べ、薄型化も可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068210


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ