ELMO、ICカード対応のテレマティクス・ドライブレコーダを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ELMO、ICカード対応のテレマティクス・ドライブレコーダを発売


掲載日:2016/07/05


News

 株式会社エルモ社(ELMO)は、ICカードリーダを搭載した「テレマティクスドライブレコーダ THD-501」を7月末日に発売する。価格はオープン価格。

 「THD-501」は、移動体通信モジュールを搭載したテレマティクス型ドライブレコーダの基本性能を向上させ、社員証などのICカードリーダを搭載した認証機能付き業務用ドライブレコーダ。

 録画の基本性能が向上していて、フルHD高感度CMOSセンサと広角レンズ(水平114度/垂直61度)を採用したことで、昼夜を問わず、高精細な映像を撮影できる。前方車両のナンバープレートを識別できるほか、周囲/遠方の状況をクリアに認識でき、臨場感のある映像でヒヤリハット原因分析や安全運転講習などに活用できる。

 また、常時録画とイベント録画の記録サイズを任意に設定できるため、“常時録画は低画質で長時間記録、イベント録画はフルHDで鮮明に録画”のように、目的に応じて使い分けられる。オプションカメラを接続することで、車内外の映像を2チャンネルに使い分けて記録することもできる。

 NFC TypeA/TypeCに対応したICカードリーダを搭載し、社員証などNFC対応のICカードをかざすことで、車両を運転するドライバを識別して運転情報とドライバとを紐付けして記録でき、ドライバの作業負担の軽減を図れ、利便性が向上している。

 HSPA対応の移動通信モジュールを搭載し、運行データに加え、危険運転などのイベント動画を直ちにクラウドサーバにアップロードできるため、事故時やヒヤリハットなどを運行管理者が把握でき、輸送業務の安全性やサービス品質の向上を図れる。

 加速度センサを利用した危険運転判定機能を搭載し、車種5分類×感度5段階のきめ細かい設定を行なうことで、危険運転を確実に記録できる。的確に記録されたデータは、今後の安全運転・エコ運転の指導ツールとして活用できる。


出荷日・発売日 2016年7月31日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他物理セキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他物理セキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068191


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > その他物理セキュリティ関連 > その他物理セキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ