AG-TECH、iOSアプリの悪用を防ぐプログラム難読化ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AG-TECH、iOSアプリの悪用を防ぐプログラム難読化ツールを発売


掲載日:2016/07/04


News

 株式会社エージーテック(AG-TECH)は、米PreEmptive Solutions,Inc.が開発した、iOS開発環境向けの難読化ツール「PreEmptive Protection for iOS」(PPiOS)を発売した。

 「PPiOS」は、“制御フロー(ControlFlow)の難読化”と、ヒントになりやすいシンボルの名前変更(Rename)という2つの手法を組み合わせることで、プログラムの難読化を支援するツール。iOSアプリケーションのリバースエンジニアリングによる悪用からの防御を図れる。

 “シンボルの名前変更”では、関数名や変数名などプログラム中のシンボル名を変更することで、プログラムの難読化を行なう。また、“制御フローの難読化”では、有効なフォワード(実行可能)ロジックを作り出している分岐処理/条件処理/反復処理などの構成要素を合成し、逆コンパイルが試みられた時にその意味を判断できないコードを生成する。


出荷日・発売日 2016年7月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る 【PTC ジャパン】 自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? 【ファイルメーカー】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る 「紙からiPadへ」を支えた高速開発手法 名物経営者も称賛した仕組みの裏側 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション)

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068165


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ