Force Media、データ復元サービス付きHDD搭載のNASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、データ復元サービス付きHDD搭載のNASを発売


掲載日:2016/07/04


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、QNAP Systems,Inc.のNAS製品で、Seagate Technology社のデータ・リカバリ・サービス「+Rescue」付きHDDを搭載したモデルを発売する。

 「Seagate +Rescue データ・リカバリ・サービス」は、NASのシステム障害、機器の水没、電源が入らない、データを誤って消去したなどの場合に、HDDのデータ復元を可能にするサービス。障害発生時には、Seagate社のリカバリ・ラボで専任の技術者がデータ復元作業を実施し、復元データを通常15営業日以内に返送する。また、サービス費用は対象製品の価格に含まれ、製品の保証期間中にデータ・リカバリ・サービスを1回無償で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

企業向けストレージに関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】 ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 バッチ処理時間の短縮で実感 オールフラッシュストレージの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】
NAS NAS NAS NAS NAS
3000円分のAmazonギフト券が当たる:ストレージに関する読者調査 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない OpenStack連携・5年保証の実力派フラッシュストレージ導入事例 大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068160


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ