オージス総研、ログ収集分析サービスをAzureに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オージス総研、ログ収集分析サービスをAzureに対応


掲載日:2016/07/01


News

 株式会社オージス総研は、SaaSのログ収集分析サービス「セキュリティログあんしんパック」をMicrosoft Azureに対応させた。

 「セキュリティログあんしんパック」は、SaaS型のログ分析ツール「sumologic」を活用することで、直ちに利用でき、規模に応じて拡張できる。同社のノウハウをベースに監視対象などを設定、提供するため、早期に監査を開始できる。

 セキュリティ監査に関するアラート通知を行なえるほか、自動メールを利用した日次レポート(HTML形式)が提供される。ログ検索・閲覧機能や、ダッシュボードが提供されるほか、アラート通知やダッシュボードなどの条件見直しなどについての問い合わせに対応する。

 これらにより、Azureの利用状況を効率的にログ分析でき、セキュリティログ監査やガバナンスの強化を支援する。

 価格は、初期費用が10万円、月額費用が9万8000円から(Azure利用費用別途)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 SaaS型運用イベント分析プラットフォーム 「千里眼SaaS」 【アシスト】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。 ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する
事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析可能にするサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068136


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ