日本HP、B0/A1対応のグラフィクス市場向け大判プリンターを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、B0/A1対応のグラフィクス市場向け大判プリンターを発売


掲載日:2016/07/01


News

 株式会社日本HPは、グラフィクス市場向けに、B0(44インチ)対応ダブルロール大判プリンター「HP DesignJet Z5600 PS」と、A1(24インチ)対応大判プリンター「HP DesignJet Z2600 PS」を発売した。

 「HP DesignJet Z5600 PS/Z2600 PS」は、コピーショップや小規模PSP(プリントサービスプロバイダ)、小売店、一般企業、公共機関などのポスターやPOP、キャンバスプリントやバナーなどの特殊用途、耐久性が求められるGIS(地理情報システム)/図面用途にも対応できるよう設計された、6色インク搭載の大判プリンター。新たに採用された“HPクロマティックレッドインク”により、色域の強化が図られている。

 Adobe PostScript/PDF、HP-GL/2とともに“HP Professional PANTONEカラー”のエミュレーションに対応し、線画の精度向上と正確な色再現を図っている。また、プリンターの再現精度を向上する“HPマルチディメンショナル・スマートドロップ・プレースメント・テクノロジー”も採用されている。

 「HP DesignJet Z5600 PS」は、B0サイズに対応し、自動切換えダブルロールの搭載や、速乾性に優れたインクの採用により作業時間の短縮も図られている。6色顔料“HP Vivid フォトインク”は、GISや図面といった用途にも対応する耐水性や耐擦過性、耐退色性と、最大200年の耐光性を備えている。

 「HP DesignJet Z2600 PS」は、省スペース化が図られ、直感的に使用できるようタッチスクリーンを採用したA1対応グラフィクス向けプリンター。クロマティックレッドインクを含む“HP Vivid フォトインク”も採用されている。

 いずれの機種にも、PCやMacからPDF・JPEG・TIFF・HP-GL/2形式のファイルをアプリケーションで開かなくてもクリック操作で容易にプリントできる「HP DesignJet Click」プリントソフトウェアが無償で提供される。用紙に対してプリントデータを効率的に自動配置するネスティング機能やファイルエラーチェックなども提供され、用紙の無駄やインクにかかるコストの削減も支援する。リアルタイムプレビュー機能の利用や、ドライバを使用せずにポスター/ロールアップバナー/CAD図面/GIS/複数ページのPDFや複数のPDFファイルなどのプリントも可能になる。

 なお価格は、「HP DesignJet Z5600 PS」が59万8000円、「HP DesignJet Z2600 PS」が35万6000円。


出荷日・発売日 2016年6月30日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068125


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ