NEC、土砂斜面の崩壊の危険性を見える化するシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、土砂斜面の崩壊の危険性を見える化するシステムを発売


掲載日:2016/06/29


News

 日本電気株式会社(NEC)は、土砂に含まれる水分量から土砂斜面が崩壊する危険性の変化をリアルタイムに見える化する「土砂災害予兆検知システム」を発売した。

 「土砂災害予兆検知システム」は、土砂斜面に設置し土砂に含まれる水分量を測定するセンサ子局と、複数のセンサ子局の測定データをまとめてクラウドに送信する中継局、測定データを蓄積・解析するクラウドサービスで構成されている。

 土砂斜面が崩壊する危険性を求める解析モデル“斜面安定解析式”に求められる、土砂の重量・粘着力・摩擦、土中の水圧という土砂状態を表す4種のパラメータを、土砂に含まれる水分量のみから算出する、データ解析技術を活用し、センサ子局を斜面に設置することで、リアルタイムに土砂斜面が崩壊する危険性の見える化を図れる。また、時間雨量・土砂に含まれる水分量の変化状況を蓄積し、過去の災害発生時、または災害には至らなかった場合と現状の測定値を比較できる。

 センサ子局は電源工事が不要なバッテリ稼働で、省エネ設計を採用しているため、2年程度の長期間稼働に対応する。また、通信も免許申請が不要な920MHz帯特定小電力無線を利用しているほか、データ蓄積・解析機能はクラウドサービスとして提供されるため、低コストでのシステム導入・運用を図れる。

 同社の防災情報システムと連携でき、同システムで土砂斜面の危険性や河川水位、監視カメラ映像など各種データの統合管理を行ない、迅速で的確な意思決定を支援する。今後もシミュレーションシステムなど各種システムとの連携を予定している。

 これらにより、住民の避難時間や安全を従来以上に確保し、迅速な避難勧告・指示を図れる。

 価格は、1斜面あたり初期費用690万円、月額7万円から(センサ子局3台、中継局1台、設計・設置工事費込みの参考価格)。


出荷日・発売日 2016年6月28日 発売
価格 −−−

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他物理セキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他物理セキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068093


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > その他物理セキュリティ関連 > その他物理セキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ