KDL、訪日外国人対策にメニュー多言語化のiPadアプリを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDL、訪日外国人対策にメニュー多言語化のiPadアプリを提供


掲載日:2016/06/29


News

 株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)は、観光地の小売店や飲食店などのサービス業、ホテルなどの宿泊施設など“メニュー”を使用する業種で利用できるインバウンド(訪日外国人)対策ツールとしてiPadアプリ「多言語メニューブック」の提供を開始した。

 「多言語メニューブック」は、既存サービスの飲食店向けメニューアプリ「iPadセルフオーダーシステム」から、オーダー機能やレジ連携機能を除いたサービスで、プリンタ類の機器設定をなくし、契約から利用開始までの一連の準備・作業などをユーザ自身で行なえるように簡略化されている。また、英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語への言語切り替えを行なえ、PCの管理画面から各言語のメニューコンテンツを登録し、iPadに反映する仕組みを備えている。

 標準機能として、ホームボタンや注文リスト、おすすめメニューなどの操作ボタンを各言語に切り替えられる機能を搭載し、それぞれの言語でコミュニケーションできるスタッフの配置不要で、顧客に正確に献立内容を伝えられるため、食物アレルギーや宗教上の理由などで困っている訪日外国人にサービスを提供できる。

 カスタマイズは自由で、紙媒体のようにデザイン性に優れたメニュー表示を行なえるため、店舗や施設のイメージを崩さずに電子メニューを展開できる。アカウントごとのiPad台数は無制限なので、大型店舗や商業施設内での利用にも適している。

 利用するには、デザイン制作と翻訳作業をユーザ自身で対応する必要があるが、取引があるデザイン企業や翻訳企業が不在の場合は、専用サイトを通して、同社のパートナー企業からコンテンツ制作や商品撮影を行なうデザイン企業と、ネイティブスタッフが対応する翻訳会社を選定することもできる。

 価格は、1アカウント/300MBまでで、初期費用が無料、月額利用料が3000円(メールサポート含む、電話サポートは有料オプション)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 【SAS Institute Japan】 不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 【ピツニーボウズジャパン】 「IFRS9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 【SAS Institute Japan】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 「IFRS 9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068081


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ