EMCジャパン、コピーデータ増加の問題に対処できるCDM製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、コピーデータ増加の問題に対処できるCDM製品を提供


掲載日:2016/06/28


News

 EMCジャパン株式会社は、コピーデータ管理(CDM)の新しいソフトウェア ソリューション「EMC Enterprise Copy Data Management(eCDM)」の提供を2016年第3四半期(7月〜9月、予定)に開始する。

 「eCDM」は、無秩序なコピー データ増加の問題に対応するコピーデータ管理製品群の中核ソフトウェア。様々なエンタープライズ データ管理ソリューションやクラウド ベースのアナリティクス サービスを提供し、プライマリ/保護ストレージでのデータ管理の効率性をモダナイズできる。また、コピーデータの発見/自動化/最適化を行なうことで、コスト削減とプロセスの適正化を図れる。

 コピー データのモニタリングと、管理プロセスを自動化することで、管理プロセスを適正化できる。また、ユーザ定義型のサービス プランを実行することで、適切な数のコピーを適切な場所に格納し、全社規模で一貫したデータ管理のサービス レベルを確保できる。

 既存インフラへの影響を抑えられ、セルフサービス型のコピー作成プロセスを維持しながら、コピー データ全体の可視化/統合管理を提供する。「VMAX All Flash」や「XtremIO」「Data Domain」などの効率性を向上できるため、新しいインフラの導入や複雑さの増大を回避でき、プライマリ ストレージや保護ストレージ全体を通じて既存のコピーを発見できる。

 同ソリューションを補足するために構築された、新しいAnalytics-as-a-Service「EMC Enterprise Copy Data Analytics(eCDA)」は、インフラをプロアクティブに最適化するための優れたインサイトを提供する。実際のアクションに結びつく提案や、効率を最大化するためのサービス プランの変更など、データ主導で意思決定を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068061


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ