日本HP、印刷品質/生産性などを強化した商業印刷機8機種を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、印刷品質/生産性などを強化した商業印刷機8機種を提供


掲載日:2016/06/27


News

 株式会社日本HPは、商業印刷機「HP Indigoデジタル印刷機」シリーズの5機種と「HP PageWide Web Press」シリーズの3機種、計8機種の提供を順次開始する。

 枚葉機3機種「HP Indigo 12000/7900/5900デジタル印刷機」とB1ノビに対応する両面印刷機「HP Indigo 50000デジタル印刷機」、フォト向け「HP Indigo WS6800pデジタル印刷機」は、HP Indigoエレクトロインキ現像技術を搭載している。

 ハードウェア/消耗品/ソフトウェアを総合的に改善することで印刷品質が向上している。インラインの分光光度計など、自動カラーマネジメントツールを活用して色の精度と一貫性を向上することで、競合優位性の確保が図られている。合成素材/蒸着紙/キャンバスや、黒/カラー原反を含む様々なメディアに対応できるほか、インキ定着に優れたHP Indigoエレクトロインキデジタルプライマーが装備されている。

 「HP PageWide Web Press」シリーズは、カラー書籍/定期刊行物/販売カタログ/パンフレット/販促資料など、大量のオフセット品質が求められる印刷アプリケーションに適している。今回の新機種「T490 HD/T490M HD/T240 HD」は、高精細ノズルアーキテクチャテクノロジーを搭載している。42インチの「T490 HD」は、生産性に優れたデジタルカラー両面印刷機で、印刷速度が生産性モードで毎分最大約305m、高品質モードで毎分約152mとなっている。モノクロ印刷の「T490M HD」は、一般書籍の印刷業者向けに、オフセットクラスのデジタルモノクロと同等の生産性を提供できる。22インチの「T240 HD」は、生産性モードの印刷速度が毎分152m、高品質モードでは毎分76mで、最大印刷可能枚数は月間6000万枚。2アップの印刷環境で優れたカラー性能を要する商業印刷/プロダクションメール/書籍印刷業者向けに設計されている。

 「HP Indigoデジタル印刷機」の新機種は2016年下半期に出荷開始し、「HP Indigo 12000デジタル印刷機」向けの印刷解像度を2倍に向上できる高精細ライティングヘッドテクノロジーは2017年に提供予定。新しい「HP PageWide Web Press」シリーズは2016年に発売予定。今回の8機種は「HP PrintOS」を活用して印刷の工程管理の改善を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068046


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ