エフセキュア、2015年のサイバー脅威に関するトレンドなどを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、2015年のサイバー脅威に関するトレンドなどを発表


掲載日:2016/06/24


News

 エフセキュア株式会社は、フィンランドF-Secureの“脅威レポート 2015年”を発表した。

 “脅威レポート 2015年”は、2015年中に消費者や企業を襲ったグローバルなサイバー脅威のトレンド及びイベントについて詳述しているという。

 同レポートによると、マルウェアで目立ったのは、Angler及びNuclearエクスプロイトキットだった。いずれも、主流となっているほかのエクスプロイトキット同様、主にFlashの脆弱性を悪用して不正行為をするものだが、同レポートでは、Google Chromeブラウザは2017年前半にはFlashのサポートを打ち切り、Mozilla FirefoxとMicrosoft Edgeもあとに続くだろうと予想していると述べている。また、2017年の春までには、エクスプロイトキット作者にとって、Flashはもはや、不正行為の成果を産むものではなくなると予想していると伝えている。

 一方、コモディティ化されたマルウェアサービスによって、メール添付ファイルをベースにしたマルウェアスキームが利用されるケースは増えるだろうと予想していると述べている。そのようなスキームの1つがマクロマルウェアであり、それは2000年代前半から長らく影を潜めていたが、2015年に復活したと伝えている。

 マルウェア作者は、Officeのマクロ機能を使って、メールに添付したドキュメントに悪意のあるコードを埋め込むという。マイクロソフトはOffice 2003で、マクロを自動実行できないようにデフォルト設定を修正したため、攻撃はかなり難しくなっていると伝えている。しかし、最近のマクロマルウェアは、マイクロソフトのデフォルト設定をかいくぐるために、ドキュメントを開いたときに、ユーザがマクロを有効化する必要がある“保護された”ドキュメントであると主張する文言を表示するようになっていると述べている。

 同レポートでは、ほかにも、暗号化型ランサムウェアは活動の増加が見られるほか、マルウェア全体のうちワームの占める割合は、前年の10%から18%へと増加していると伝えている。更に、The Dukesというサイバー諜報組織が、幾年間も、マルウェアを使用してロシア連邦のために機密情報を収集している件に関する報告なども発表している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ 【日本プルーフポイント株式会社】 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? 【スターティアラボ】 SF映画さながらの管理画面で、サイバー攻撃の検知から通信の遮断まで自動実行 【ディアイティ】
フィルタリング 検疫 メールセキュリティ CRM UTM
いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? SF映画さながらの管理画面で、サイバー攻撃の検知から通信の遮断まで自動実行
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068024



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ