矢野経済研究所、機械系CAE市場に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、機械系CAE市場に関する調査を実施


掲載日:2016/06/23


News

 株式会社矢野経済研究所では、世界及び国内のCAE市場の調査を実施したと発表した。

 今回の調査では、調査期間は1月〜5月、調査対象はCAEベンダ。調査方法は矢野経済研究所の専門研究員による直接面接調査、電話/メールによるヒアリング/文献調査を併用している。

 同調査でのCAE(Computer Aided Engineering)とは、コンピュータにより製品の設計や開発工程を支援するという概念であり、それを実現するためのツールとして、機械系システムの強度や流体の抵抗などの特性を解析対象とする機械系CAEや、1D(1次元)CAEなどのモデルベース開発ツール、数値計算を支援する数値解析などのCAEがあるという。

 同調査での機械系CAE市場とは、構造解析や熱流体解析、樹脂成形解析、鋳造解析など、前者の機械系CAEを対象とし、事業者売上高ベースで算出したと述べている。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。まず、2015年の機械系CAE世界市場規模(事業者売上高ベース)は、前年比6.9%増の31億3400万USドルとなったとしている。製造業の設備投資への意欲が弱まることからCAE市場も成長率は鈍化していくと見込まれると述べている。ただし、市場は中期的に見ると安定的な成長を続け、2020年の同世界市場規模は46億5500万USドルになると予測するとしている。

 2つめは、2015年の機械系CAE国内市場規模(事業者売上高ベース)は前年比4.7%増の672億3200万円となったという。市場は安定的な成長を続け、2020年の同市場規模は918億円になると予測すると述べている。

 3つめは、CAEの主流は、これまで構造解析や熱流体解析などの機械系CAEであったという。一方で、モデルベース開発と呼ばれる手法が自動車の設計などの開発現場で適用されるようになってきており、1DCAEといった新たな支援ツールのニーズが高まっていると述べている。今後は、1DCAEと従来の機械系CAEの連携は大きなテーマになってくるものと考えると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例 【SAPジャパン】
バックアップツール テレビ会議/ビデオ会議 ファイアウォール ファイアウォール ERP
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068004



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ