日本ダイレックス、インフラ業向けに一芯一方向通信装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ダイレックス、インフラ業向けに一芯一方向通信装置を発売


掲載日:2016/06/20


News

 日本ダイレックス株式会社は、電力など国内の重要インフラ事業者に向け、米国Owl Computing Technologies Inc.(アウル)の一芯一方向通信装置ソリューション「DualDiode Technology」を発売した。価格はオープン価格。

 「DualDiode Technology」は、ハードウェアベースのサイバーセキュリティ対策装置で、送信専用通信カードと受信専用通信カードを直列に接続したハードウェアを内蔵し、単一(一芯)の光ファイバケーブルによって強制的に一芯一方向通信を実現している。

 通信信号が送信/受信の逆方向に伝送されることがなく、ハードウェアベースの一方向通信が可能で、受信側からの通信は物理的な遮断に相当する分断状態となる。ソフトウェアの改ざんや攻撃を遮断できるほか、不正改ざん防止機構内蔵でハードウェアを変更できない。

 ネットワーク間のIP/MACアドレスを転送しないATM(非同期転送モード)により、ペイロード部分のみを転送できる。すべてのデータタイプの転送がホワイトリスト化され制御される。

 ATMデータリンクプロトコルを使用して、情報提供者側から転送されてきた階層化プロトコルのヘッダ情報を除去してデータのみをATMペイロードに乗せ、データストリーミング化して情報受益者側に転送できる。TCP/IPのような階層化プロトコル、通信スタック固有の脆弱性から統合分断(deep protocol break)できる。

 「OPDS-100/OPDS-100D/OPDS-1000」がラインナップされている。「OPDS-100」は19インチ1Uで実装でき、「OPDS-100D」はDINレールで実装できる耐環境性強度がより強化されている。両モデルとも、一方向転送部の転送速度は10/26/52/104Mbps。「OPDS-1000」は、19インチ1Uで実装でき、一方向転送部の転送速度は104/155/300/600/1000Mbps。いずれも、転送速度はライセンスによりフィールドで変更できる。

 導入時には、日本ダイレックスのネットワークの計測技術を活用して適切な設計を行なう。一方向通信装置のみで解決できない場合は、ほかのソリューションを組み合わせて提案し、インテグレーションを行なえる。国内でのテクニカルサポートも提供する。


出荷日・発売日 2016年6月17日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 DDoS対策アプライアンス Arbor Networks APS 【アーバーネットワークス】 次世代標的型攻撃対策製品「RedSocks Malware Threat Defender」 【ネットワールド】 ネットワーク分離環境のデータ受け渡し Crossway/データブリッジ 【NTTテクノクロス】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。 クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。 全世界のトラフィックをリアルタイムで収集・分析。そのデータをもとに、DDos攻撃による脅威をブロックする高精度な対策を提供。 全てのアウトバウンド・トラフィックを監視し、標的型攻撃による情報漏洩の危機となる通信を、リアルタイムに検知・通知可能なハードウェアアプライアンス。 分離ネットワーク間でデータを安全に受け渡すための機器。
電源OFFなどで、データは自動的に消去されるので、USBメモリなどと違い重要情報の持ち運びリスクを軽減できる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067936


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ