キヤノン、画質が向上した大判インクジェットプリンターを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、画質が向上した大判インクジェットプリンターを発売


掲載日:2016/06/17


News

 キヤノンは、グラフィックアート市場向けに、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF」の新製品で、12色インクモデル「PRO-4000(B0ノビ対応)/PRO-2000(A1ノビ対応)」、8色インクモデル「PRO-6000S(60インチ対応)/PRO-4000S(B0ノビ対応)」の計4機種を6月下旬に発売する。

 今回の新製品では、インクジェット印刷のコア技術が刷新され、新開発の顔料インク「LUCIA PRO」/プリントヘッド/高剛性フレームや、新画像処理エンジン“L-COA PRO”を採用したことで、写真やプルーフ(色校正)、ポスターなどの高画質プリントを行なえる。本体サイズの幅が従来機種「iPF8400」などに比べ約30cm削減されたことで、限られたスペースで設置できる。また、あわせて発売されるロール紙「耐水ポスター合成紙(マット)」を使用することで、色鮮やかで耐候性に優れた屋外掲示用ポスターを作成できる。

 「PRO-4000/PRO-2000」は、インクに「LUCIA PRO」を搭載し、優れた発色性を備えているほか、光沢紙・半光沢紙への印刷時は透明インク「クロマオプティマイザー」を使用することで、黒や暗部の表現力が向上し、高画質プリントを行なえる。

 「PRO-6000S/PRO-4000S」は、プリントヘッドに基本4色を左右対称に配置したことで、双方向印刷時に色の重なる順番から生じる色ムラを低減できるほか、印刷スピードが従来機種「iPF9400S/iPF8400S」から約11%高速化されている(“きれい”モードをA0厚口コート紙で比較した場合)。

 価格は、「PRO-4000」が72万8000円、「PRO-2000」が37万8000円、「PRO-6000S」が159万8000円、「PRO-4000S」が62万8000円。


出荷日・発売日 2016年6月下旬 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067919


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ