GRANDIT、グループ経営管理機能を強化したWeb-ERPの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GRANDIT、グループ経営管理機能を強化したWeb-ERPの新版を提供


掲載日:2016/06/17


News

 GRANDIT株式会社は、グループ経営管理機能を強化したWeb-ERPの新バージョン「GRANDIT Ver2.3」シリーズの提供を6月30日に開始する。

 「GRANDIT」は、BIやEC(E-Commerce)、ワークフローなどを標準搭載し、多言語・多通貨・マルチカンパニー機能などにより海外拠点での利用も容易となるWeb-ERP。経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費から構成されている。今回の新バージョンでは、グループ全体の業務を最適化し、グループ実績を迅速に把握可能にするグループ経営管理機能の強化が図られている。また、取引先を含めた周辺システムとの外部連携を可能にしたAPI機能の拡充なども、標準機能で行なわれる。

 グループ会社間でのマスタの一元管理が可能になり、グループ会社で追加・修正したマスタ情報をグループ各社のマスタへ反映できる。これにより、グループ内のマスタが統合され各社のデータ更新にともなう作業負荷軽減や、グループ実績把握の効率化、決算の早期化を支援する。

 また、グループ会社間で発生する売買取引など、各種取引データの相互連携にも対応する。入力モレや入力ミスによる受発注処理・データの不整合を未然に防止し、グループ実績の集計に係る作業負荷の軽減と精度向上、実績把握の早期化を支援する。グループ各社のトランザクションデータを、データ分析時に参照するデータマートに格納することで、グループ全体のダッシュボードや各種指標分析レポートの作成・出力も可能で、これらの連携・格納・分析までの一連の機能が提供される。

 データマートに格納されたデータをもとに、監査法人が監修した21種類のグループ経営分析レポートも標準提供される。総資本利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)を総合指標とし、グラフや表を体系的に展開することで、グループ全体の収益性・効率性などを直感的に可視化する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

スピード経営を支えるERPの新潮流 【株式会社富士通マーケティング】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】 外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】 Microsoft Dynamics 365 for Operations 【日立ソリューションズ】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】
ERP ERP ERP ERP ERP
スピード経営を支えるERPの新潮流 幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。 外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067903


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ