PFU、タブレットでのカメラ撮影に対応したOCR SDKを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PFU、タブレットでのカメラ撮影に対応したOCR SDKを発売


掲載日:2016/06/17


News

 株式会社PFUは、タブレット端末のカメラ撮影に対応し、運転免許証とマイナンバーカードに特化したOCR SDK(ソフトウェア開発キット)「DynaEye 運転免許証カメラOCR」「DynaEye マイナンバーカメラOCR」を7月(予定)から順次発売する。

 今回発売されるSDKは、Android/iOSで動作する業務アプリケーションに組み込むことで、カメラで撮影した運転免許証やマイナンバーカードのデータを本人確認業務などで活用できる。本人確認を行なう業務(クレジットカード申込み、回線開設申込み、レンタカー貸出しなど)の効率化を図れるほか、タブレットにデータを残さないため、個人情報流出リスクの低減を図れる。

 タブレット端末を運転免許証/マイナンバーカードにかざすことで自動的に撮影される。ピンボケや照明の映り込みなどを判断してOCRに適した状態で撮影するため、撮り直しの手間を低減でき、手動で撮影した場合に比べ、時間短縮を図れ、迅速に業務を行なえる。

 カメラで撮影したデータはメモリ上で処理されるため、タブレット端末にデータは残らない。突然の電源断やアプリケーションの途中終了など不測の事態が発生した場合も、個人情報の漏洩リスクを低減できる。

 Apache Cordova用のインターフェースも提供され、Android、iOSのネイティブ開発に加え、ハイブリッドなアプリケーション開発環境にも対応している。Android版とiOS版のプログラムを共通化することで、操作性の統一や開発の短縮を図れる(動作プログラムは、Android用とiOS用で異なる)。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

ビジネスとITの橋渡しをする Mendix App Platform 【ビルドシステム】 コーディング不要の超高速開発ツール「Low-code Platform」とは 【ビルドシステム】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 超高速開発ツール「Web Performer」 【サンテック】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。 「コーディングしない」開発を始めよう――生産性6倍となる秘訣 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツール。Javaの知識不要で、基本設計情報を定義するだけでシステムを開発できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067898


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ