CAC、組織内の名刺シェア機能を備えた名刺活用アプリをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CAC、組織内の名刺シェア機能を備えた名刺活用アプリをリリース


掲載日:2016/06/15


News

 株式会社シーエーシー(CAC)は、名刺情報をグループでシェアできるほか、複数の役割(肩書)の名刺を区別して管理できる、iPhone/Android用名刺活用アプリケーション「Meridio」をリリースした。全機能を無料で利用できる。

 「Meridio」では、スマートフォンで名刺を撮影することで簡単にデジタルデータ化でき、一括で登録できる。名刺両面を撮影することで裏面の画像も保存できる。OCRで自動処理されるため、データ化の際に人目に触れず、安全性の確保が図られている。

 メンバーが交換した名刺をグループへシェアすると、グループメンバー全員が名刺情報を閲覧できる。名刺情報につけたメモやタグもシェアできる。また、1人で複数の仕事や役割を持つような働き方に対応し、利用者の役割(肩書)ごとに区別して名刺情報を管理できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 【日本マイクロソフト】 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 【Sansan】 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 デジタルマーケティングソリューション 【日立ソリューションズ】 ポイント管理ソリューション PointInfinity 【日立ソリューションズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 顧客の情報、行動データを収集・分析し、それぞれに応じた最適なマーケティングアプローチを行うことで顧客ロイヤルティーの向上を実現する。 ポイントカードなどの会員情報やポイント付与/利用の管理やキャンペーンの管理、加盟店の管理など、ポイントシステムの構築・運用に必要なあらゆる機能を提供する。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067874


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ