日本IBM、大塚製薬とデジタルヘルス分野で合弁企業設立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、大塚製薬とデジタルヘルス分野で合弁企業設立


掲載日:2016/06/15


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、同社と大塚製薬株式会社が、国内の精神科医療に対するデジタルヘルス・ソリューション事業を行なうために、医薬品事業から独立させた合弁会社“大塚デジタルヘルス株式会社”を設立することで合意し、6月13日に契約を締結したと発表した。

 “大塚デジタルヘルス”は、大塚製薬と日本IBMが共同開発したデータ分析ソリューション「MENTAT」を販売する予定だとしている。これにより、医療機関に存在する膨大なデータを統合/分析し、治療の質の向上や有用性に優れた情報の共有など医療上の課題に対するソリューションを提供すると述べている。

 「MENTAT」では、大塚製薬の知見とIBMが有するコグニティブ・システム「IBM Watson」を融合させ、膨大なテキストデータを言語解析しDB化することで、医療従事者は参照したい症例を絞り込み抽出できる。エビデンス情報を共有したり治療に反映したりすることで、治療結果の向上を図る。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067867



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ