フューチャーアーキテクト、ソフトの脆弱性スキャンツールを公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フューチャーアーキテクト、ソフトの脆弱性スキャンツールを公開


掲載日:2016/06/15


News

 フューチャーアーキテクト株式会社は、システムが抱える保安上の欠陥に関する情報の収集/検知を自動化した脆弱性スキャンツール「Vuls(VULnerability Scanner)」を、オープンソースとして無償で「GitHub」に公開した。

 「Vuls」は、オンプレミス/クラウド環境いずれにも対応し、ソフトウェアの脆弱性をスキャンして発見された脆弱性がどのサーバーに該当するかまでを特定できる。

 管理者が脆弱性をリアルタイムに検知できることで、サイバー攻撃によるリスクの低減を支援する。また、内容や深刻度を視覚的に把握できる日本語のレポートが発行され、システム管理者の負荷軽減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

「脆弱性を正しく評価」してセキュリティリスクを効果的に低減する方法とは 【SecureWorks Japan】 標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの? 【トレンドマイクロ】 ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
「脆弱性を正しく評価」してセキュリティリスクを効果的に低減する方法とは 新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの? ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067863


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ