ユニットコム、Radeon R9 Nanoなどを搭載したVR開発向けPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニットコム、Radeon R9 Nanoなどを搭載したVR開発向けPCを発売


掲載日:2016/06/15


News

 株式会社ユニットコムは、「AMD RADEON VR READY」グラフィックスなどを搭載し、VR(バーチャルリアリティ)開発に適した、ビジネス向けの高品位・高耐久性スリムタイプPC「Sol-CX7S-i7K-XZS-DevelopVR」を発売した。

 「Sol-CX7S-i7K-XZS-DevelopVR」は、各社のVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の動作推奨を受けたVRのコンテンツ開発に適した動作確認済みスペックPC。VRコンテンツの開発に利用できるほか、動作推奨を受けているため、VRデモンストレーションやVRコンテンツ再生にも利用できる。

 “Fiji”コアを採用したハイエンドGPU「Radeon R9 Nano」を搭載し、優れた描画性能が求められるHMDでのVRに適している。また、グラフィックスメモリにHBM(High Bandwidth Memory)技術を採用したことで、メモリバス幅が4096ビットに広げられている。

 幅87mm×奥行き370mm×高さ380mm(縦置き時)/容量12Lのスリムな筐体内に、ハイエンドクラスのグラフィックカード製品(最大13インチ)を搭載できる。独立拡張スロット設計で拡張カードの取付けも容易に行なえるほか、マザーボード・電源エリアと拡張カードエリアに区分けされ、相互の熱干渉を低減させるデザインを採用している。また、縦置き/横置き両対応で様々な環境で利用できる。

 “Skylake”アーキテクチャを採用した第6世代Coreプロセッサを搭載し、クロックあたりのパフォーマンスが向上しているため、インターネットやメールに加え、事務作業や動画視聴など、複数のソフトウェアを同時に使用してもストレスを感じずに使用できる。

 各種カスタマイズが可能なBTO(Build to Order:受注後生産方式)に対応している。Core i7-6700KやWindows 10 Pro 64 ビットを搭載した標準構成の価格は24万6980円から。


出荷日・発売日 発売済
価格 標準構成:24万6980円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067856


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ