ソフトバンクロボティクスなど、PepperをAndroidに対応させ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンクロボティクスなど、PepperをAndroidに対応させ発売


掲載日:2016/06/13


News

 ソフトバンクロボティクス株式会社とソフトバンク株式会社は、人型ロボット「Pepper」をAndroidに対応させ、開発者向けモデルを7月から先行販売する。また、Androidのプラットフォーム上でロボアプリを開発できる新しいソフトウェア開発キット(SDK)「Pepper SDK for Android Studio」のベータ版の提供を開始した。

 今回、Pepperの胸部ディスプレイをAndroid搭載のものにし、NAOqiと連携させることでAndroidに対応させる。これにより、Androidのアプリケーション開発者は、自身の知識や技術を活用して、Pepper向けのロボアプリを開発できる。Androidのアプリケーション開発者は世界中に数多くいるため、Androidに対応することでPepper向けロボアプリ開発者の裾野が拡大される。なお、従来のSDK「Choregraphe」も引き続き提供され、同SDKで開発されたロボアプリは、Android対応のPepperでも利用できる。

 価格は、本体価格が19万8000円、「Pepper基本プラン」が1万1800円×36ヵ月(分割支払)、「Pepper保険パック」が9800円×36ヵ月(分割支払)で、総額は3年で97万5600円。

 「Pepper SDK for Android Studio」は、Webサイトから無料でダウンロードできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

メインフレームマイグレーションサービス 【NDIソリューションズ】 Webアプリ作成ツール Forguncy 【グレープシティ】
その他開発関連 その他開発関連
既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。 Excel感覚で手軽にWebアプリケーションを作成できる、ノンプログラミング開発支援ツール。作成後は既存システムとの連携も容易に実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067834


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ