EMCジャパン、認証/不正検出の新版で不正送金リスク低減可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、認証/不正検出の新版で不正送金リスク低減可能に


掲載日:2016/06/08


News

 EMCジャパン株式会社は、トランザクション署名機能が追加され、不正送金のリスク低減を図れる、認証/不正検出プラットフォームの新バージョン「RSA Adaptive Authentication 7.3」の提供を開始した。

 「RSA Adaptive Authentication」は、利用者のIPアドレス、ブラウザの種類、時間帯や場所などの利用環境を分析し、不正利用のリスクを判定して認証を行なう(リスクベース認証)。今回の新バージョンでは、不正リスクのある振込み手続きが行なわれたことを利用者のスマホに通知し、手続き続行の可否を利用者に求めるトランザクション署名が追加された。

 トランザクション署名は、利用者の利便性を低下させずに、セキュリティを強化でき、第3者による不正な振込み操作を利用者自身も見つけられる。振込み依頼を受け付けたことを、同製品がスマホアプリを介して利用者に通知する。通知時に利用者に求められるアクションは、リスク判定ポリシー(金額や振込先金融機関など)に基づいて自動的に変更され、手続きに対するセキュリティ強度を向上できる。スマホアプリでは、スマホ利用者が正規の所有者であることを、PINや生体情報で認証し、アクションに利用者の署名を付けて同製品に返す。これにより、同製品はアクションが利用者本人からのものであることを確認できる。

 トランザクション署名を利用することで、銀行と利用者間の通信をマルウェアに乗っ取られて預金を窃取される犯罪被害から利用者を保護でき、MITB/MITM機能を備える高度なマルウェアにも有効な預金者保護機能をサービスに提供できる。また、ユーザに新しい負担を与えずに確認を強化でき、振込みの完全性と信頼性の保証を提供できる。

 価格は、サービス対象利用者に基づいて算出される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 指ハイブリッド認証 【NEC】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067766


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ