ローランドdg、低溶剤インクジェット・プリント&カット機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ローランドdg、低溶剤インクジェット・プリント&カット機を発売


掲載日:2016/06/07


News

 ローランド ディー.ジー.株式会社(ローランドdg)は、低溶剤インクジェットプリンターの新ブランド“TrueVIS”で、最大用紙幅64インチ(1625mm)に対応するプリント&カット機「VG-640」と、同54インチ(1371mm)の「VG-540」を7月(予定)に発売する。

 「VG-640/540」は、プリントヘッド“Roland DG FlexFire”を搭載し、近距離で見られることが多いステッカーやラベル、ポスターなどの製作から、ベタ表現が多用される大判のサイン・グラフィックスの製作まで、様々なアプリケーションで適切な印刷表現を行なえる。インクの連射性能が向上したことなどで、CMYK(シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック)4色を2セット使用するインクタイプ(「VG-640」の場合)で、高品質印刷モードで毎時10.6平方メートル、最高速度で同34.8平方メートルの出力(バナー出力時の最高速モード)を達成している。

 広色域・高発色で、新型ヘッドに最適化された低溶剤インク“TrueVIS INK”を採用し、サイン・グラフィックスに求められる鮮やかな印刷表現を行なえる。CMYKの4色に加え、ライトシアン/ライトマゼンタ/ライトブラックが用意され、なめらかで美しいグラデーション表現を行なえるほか、ホワイトも用意され、下地印刷などにより高精彩な印刷表現を行なえる。

 大容量500ccのパウチ式インクカートリッジをサポートし、CMYKの4色を2セット使用するインクタイプでは、自動的にインクを切り替えて供給するシステムを標準装備することで、インク切れを回避して連続印刷を行なえる。

 カッティングの精度にも優れ、複雑なデザインに加え、フロア用のサインなどの厚手のシートもスムーズにカットでき、アプリケーションの幅を拡大できる。また、スマートフォンやタブレットとプリンターをBluetooth接続することで、プリンターの操作や各種設定を無線で行なえるソフトウェア「Roland DG Mobile Panel」が用意されている。標準装備の出力用ソフトウェア「Roland VersaWorks Dual」では、PostScriptファイルに加え、PDF形式のファイルも直接処理できる新エンジンを搭載したことで、ドロップシャドウなどの透明効果を含む出力データも忠実に再現できる。

 価格は、「VG-640」が288万円、「VG-540」が248万円(スタンドやRIP&Printマネジメントソフトウェアを含む、運送・設置費別)。


出荷日・発売日 −−−
価格 「VG-640」:288万円、「VG-540」:248万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067736


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ