ソフトウェア・トゥー、自動画質向上RAW現像ソフト日本語版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトウェア・トゥー、自動画質向上RAW現像ソフト日本語版発売


掲載日:2016/06/07


News

 株式会社ソフトウェア・トゥーは、仏DxO Labが開発する自動画質向上RAW現像ソフト「DxO OpticsPro 11」の、Windows/Macintoshで利用できる日本語パッケージ版を、7月初旬(予定)に発売する。

 「DxO OpticsPro 11」では、ノイズ除去ツール「DxO PRIME」の改善や、スポット重点モード補正、自動マイクロコントラスト補正、自動赤目修正などの自動ツールの新規追加が行なわれた。撮影時の条件によらず、数クリックで補正できる。ノイズ除去ツールは処理速度が向上し、ボケ効果と補正の推移処理の改善、シャドウ部や暗い部分のディテールの自動的な保持、色調のより忠実な再現などが図られている。

 自動スポット重点補正(Smart Lightingパレット内)では、撮影後に画像のダイナミックレンジの最適化を図る際、スポット測光の効果をシミュレーションできる。スポット測光をしたい部分を1つまたは複数指定することで、画像全体のトーンカーブを最適化できる。画像内に顔(1つまたは複数)がある場合は、自動的に検知され、検知できない場合にも画像上にマウスを使って手動で長方形を描き指定できる。また、最適なコントラストを維持しながら、画像に対して“Smart Lighting”をより強くかけることができる。

 画像の細かいディテールを強調するためのマイクロコントラスト機能を、内容に応じて自動的に適用できるモードを備えている。このほか、顔と目の検知機能を使った赤目修正機能も自動で適用され、複数の画像の処理も可能になった。画像の全画面表示機能は、インターフェース画面から邪魔な要素を取り除き、画像の処理タグの設定、レーティングを行なえる。作業を迅速化するキーボードショートカットも新規に追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067735


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ