アグリーメント、業績管理テンプレート搭載のデータ統合製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アグリーメント、業績管理テンプレート搭載のデータ統合製品発売


掲載日:2016/06/06


News

 株式会社アグリーメントは、企業内データ統合ソリューション「Attack Board」に、Excelベースの業績管理テンプレートを搭載したパッケージのオンプレミス版を発売した。クラウドサービス版も7月19日(予定)に発売される。

 「Attack Board」は、導入企業のExcelをそのまま利用してSQL Serverでデータを管理し、既存システムのデータと連携して必要な情報を自動でExcelに出力できるシステム。

 今回、マイナンバー/リスクマネジメントのテンプレートに続き、業績管理テンプレートを提供する。テンプレートの標準機能をそのまま利用できるほか、ユーザの仕様に合わせてカスタマイズできる。従来個々に運用していた作業時間やデータ集計/加工が、自動化されDBに蓄積されることで、効率化を図れる上、過去データの分析と将来予測シミュレーションなどへの応用が可能になる。

 新規顧客登録/管理では、既存顧客データとの連携もカスタマイズできる。案件報告管理では、営業担当別の収益分割管理機能が備えられている。見積りの作成支援/提出管理のほか、営業担当/部署/顧客/商品ごとに予実管理を行なえる。受注分析も可能な案件リード媒体管理機能も搭載されている。従業員/部署/顧客/商品/予算など各種マスタテーブルを備え、予算書配布/自動集計機能も搭載されている。

 散在しているExcelデータを統合でき、更に、様々なデータテーブルから業績管理及び予実ギャップに対応する施策としてどのようにKPI管理をすべきかといった課題の解決を支援する。今後、社内での原価配賦による利益/業績管理と人事評価を連動させた仕組みなどが装備される予定。

 価格は、オンプレミスが200万円から。クラウドが30名で月額9万8000円から。いずれも別途初期設定費用が必要。オンプレミスは保守料が発生する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】 SFA導入を経営陣へ納得させるために欠かせないポイントとは_JUST.SFA 【ジャストシステム】 SFAを活用した脱Excelの顧客管理法が営業にもたらす5つのメリット_JUST.SFA 【ジャストシステム】 マンガで学ぶ営業データ活用、SFA導入後も売り上げがアップしない原因は?_JUST.SFA 【ジャストシステム】 「製品デモのようには操作できない」 定番SFAで脱落した社員を救った方法とは_JUST.SFA 【ジャストシステム】
SFA SFA SFA SFA SFA
SFAで営業効率を高めるには? レポーティングだけではないSFA使いこなし術 SFA/CRM導入において経営者が判断するポイントは「導入して何が変わるのか?」「本当に使うのか?」の2点だ。この2点について経営陣を納得させる具体的な“答え”を紹介。 名刺管理とSFAをつなげることで実現する「脱Excelの顧客管理法」によって、これまでの営業活動が具体的にどう変わるのか。5つのメリットを取り上げて解説。 マンガで学ぶ営業データ活用、SFA導入後も売り上げがアップしない原因は? 「製品デモのようには操作できない」 定番SFAで脱落した社員を救った方法とは

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067730


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ