ウイングアーク1st、Excelを利用したSalesforce編集ツールを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク1st、Excelを利用したSalesforce編集ツールを提供


掲載日:2016/06/02


News

 ウイングアーク1st株式会社は、Excelを利用してSalesforceのデータを編集できるツール「spreadface」の提供を開始した。価格は1ユーザ月額980円(基本ライセンスは10ユーザから)。

 「spreadface」は、Salesforceのデータの一覧取得や入力、一括更新をExcelで行なえるほか、オフライン時にExcel上でデータを編集し、オンライン時に一括更新するといった利用も可能にするサービス。Excelでのデータ加工が可能になることで、作業負荷の軽減を図れる。

 Excelの機能を利用でき、データの検索・絞込み・並び替え、コピー&ペーストのほか、選択リスト項目はリストから、参照項目はルックアップ形式でデータを選択できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「ウイングアーク1st」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは? 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067671


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ