採用:市原市役所、ハミングヘッズの情報漏洩対策ソフトを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:市原市役所、ハミングヘッズの情報漏洩対策ソフトを導入


掲載日:2016/06/01


News

 ハミングヘッズ株式会社は、情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」が、千葉県の市原市役所に2000クライアント導入されたと発表した。

 「セキュリティプラットフォーム」は、完成後、800万項目に及ぶテストを繰り返してきたため、トラブルの少なさや安定性などに優れているという。

 2016年から開始されたマイナンバー制度により優れたセキュリティ製品が求められる中、市原市では、同ソフトのセキュリティ性能のほか、運用のしやすさ、様々な企業/インフラ企業/官公庁などに採用された実績を評価して、今回の導入に至ったと述べている。また、“すでに導入したほかのシステムに支障がでないか”“導入後の運用が楽かどうか”という点でも、同ソフトの機能/性能が合致したとしている。

 なお、導入から運用開始までの期間は1ヵ月だったと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067650


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ