アール・アイ、情報漏洩対策を図れるファイル仮想化サービス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アール・アイ、情報漏洩対策を図れるファイル仮想化サービス発売


掲載日:2016/05/31


News

 株式会社アール・アイは、社外に持ち出すPCの情報漏洩対策と、セキュアなテレワーク環境を容易に構築できるソリューション「Shadow Desktop」を発売した。価格は1ユーザあたり月額980円または年額1万1400円。

 「Shadow Desktop」では、パブリッククラウドなどのストレージサービスと連携し、コンピュータ内のファイルを仮想化でき、利用者の利便性を落とさず、セキュアなモビリティ環境を安価に構築できる。

 インストールすると、デスクトップやドキュメント内のファイルが自動的に仮想化される。利用者の手元にファイルがあるように見えるものの、データの実体はクラウド上のストレージに存在している。導入前とPCの使い方が変わらないため、利用者の教育が不要で容易に導入できる。

 必要なファイルがクラウドストレージから自動的にダウンロードされ、コンピュータ内の特殊なドライブにキャッシュされることで、インターネット接続が途絶えてもそのまま使用できるため、新幹線での移動中やWi-Fiがつながりにくいカフェなど、様々なシーンで利用できる。

 キャッシュしているファイルは、すべて暗号化され、コンピュータをシャットダウンすると自動的に消去される。持ち出したPCを紛失した場合は、管理者が即座にセッションを切断でき、同時にキャッシュも自動的に消去されるため、情報漏洩対策としても優れている。

 PCを外部で紛失した利用者は、管理者から新しく付与されたパスワードを使用して、別端末でログインし直すことで、直ちに業務に復帰できるほか、端末のリプレイス時には、データの引っ越し作業が不要になり、OSの変更も問わないため、工数・コスト削減や生産性向上を支援する。

 連携できるストレージ環境を限定せず、クラウドベンダやストレージベンダとオープンなパートナーシップを組み、様々な稼働環境の構築を目指している。リリース時点では、クラウドベンダはAmazon Simple Storage Service(S3)、ストレージベンダはCLOUDIAN HyperStoreだが、S3互換の様々なパブリッククラウド、Microsoft Azure、オンプレミス上のストレージなどに順次対応する。


出荷日・発売日 2016年5月31日 発売
価格 1ユーザーあたり月額980円または年額1万1400円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067617


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ