ネオアクシスなど、IBM iを含む複数環境を監視できる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオアクシスなど、IBM iを含む複数環境を監視できる製品を出荷


掲載日:2016/05/30


News

 ネオアクシス株式会社と株式会社エヌワークは、日本アイ・ビー・エム株式会社のPower Systems(IBM i)を含めたマルチプラットフォームで稼働する保守監視ツール「Toolbox システム監視」の出荷を開始する。

 「Toolbox システム監視」は、IBM iを含むマルチプラットフォーム環境下の様々なネットワーク上の機器類の監視を可能にする製品。ネオアクシスが開発した、IBM iを監視するための「IBM i監視エージェント」と、エヌワークの、マルチプラットフォーム対応のエージェントレスなシステム監視製品「CYBER GENIUS」を連携させている。

 これにより、従来から「CYBER GENIUS」が提供している監視情報以外に、IBM i上のサブシステムやジョブの死活状況、ファイルやプログラムのロック状況など、様々な状況を監視し、変化や異常をシステム管理者などに通知できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 【日本ヒューレット・パッカード】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 時間と手間を集約する「マネージドソフトウェアスタック」という仕組み 【NTTテクノクロス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは? ITインフラ運用管理の効率化と自動化を語る上で、OSSは外せない選択肢だ。しかし、安全に供給するには誰がどう保守すればよいか。自前で賄えなくても諦めるのは早い。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067604


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ