事例:PBC、日本ボールドウィンにERPを導入しデータを一元管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:PBC、日本ボールドウィンにERPを導入しデータを一元管理


掲載日:2016/05/30


News

 株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は、日本ボールドウィン株式会社に対し、マイクロソフト社製のERP「Microsoft Dynamics AX」の導入を行ない、データの一元管理及び業務プロセスの改善を可能にしたと発表した。

 「Microsoft Dynamics AX」は、シンプルな設計でアジャイル開発が可能な、大企業/中堅企業向けのグローバルERPソリューション。

 日本ボールドウィン社は、米ボールドウィン・グループの日本法人で、印刷機械及び印刷業務の自動化/省力化機器を提供している。同社では、長年、国産会計パッケージとスクラッチで開発した業務システムを使用してきたが、グローバル拠点の内部統制強化の必要性から同ソリューションを導入したと伝えている。

 同ソリューションの導入後は、債権の回収や消込処理がスムーズになり、財務データから取引データに遡って確認できるトレース機能により作業時間も短縮できたと述べている。また、同じマイクロソフト製品であるExcelとの連携機能を活用し、レポートの作成が容易になったほか、複数のシステムが統合されたことによりデータの一元化も可能になったと伝えている。

 同社は今後、ERPに蓄積されたデータを活用/分析し、ビジネスの拡大に繋げていく目的で、BIツールの導入も視野に入れていると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の場合 【インフォアジャパン】 業種・業態ごとの機能をオールインワン「Infor CloudSuite」 【インフォアジャパン】 Plaza-i:機器販売保守業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 Infor SyteLine 【日立システムズ】 Plaza-i:輸出入貿易商社向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】
ERP ERP ERP ERP ERP
品質低下、ストライキ、不正……海外拠点の問題を解決する仕組み作りのススメ データ活用やクラウドの普及を背景に、基幹システムの刷新ニーズが盛り上がっている。どうすれば低コストかつ自社の業務に最適な基幹システムを導入できるのだろうか。 機器販売(輸出入、ロット・シリアル在庫、部品展開)と機器保守(保守契約管理:前受請求、売上月次均等計上、前受戻し)の複合業態に強いERPパッケージ。 【直販のみ】 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 輸出入・為替予約管理、案件別採算管理、ロット・シリアル等多様な在庫管理、複数拠点の複雑な物流が必要な専門商社業務に最適なERPパッケージ。【直販のみ】

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067594


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ