事例:PBC、日本ボールドウィンにERPを導入しデータを一元管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:PBC、日本ボールドウィンにERPを導入しデータを一元管理


掲載日:2016/05/30


News

 株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は、日本ボールドウィン株式会社に対し、マイクロソフト社製のERP「Microsoft Dynamics AX」の導入を行ない、データの一元管理及び業務プロセスの改善を可能にしたと発表した。

 「Microsoft Dynamics AX」は、シンプルな設計でアジャイル開発が可能な、大企業/中堅企業向けのグローバルERPソリューション。

 日本ボールドウィン社は、米ボールドウィン・グループの日本法人で、印刷機械及び印刷業務の自動化/省力化機器を提供している。同社では、長年、国産会計パッケージとスクラッチで開発した業務システムを使用してきたが、グローバル拠点の内部統制強化の必要性から同ソリューションを導入したと伝えている。

 同ソリューションの導入後は、債権の回収や消込処理がスムーズになり、財務データから取引データに遡って確認できるトレース機能により作業時間も短縮できたと述べている。また、同じマイクロソフト製品であるExcelとの連携機能を活用し、レポートの作成が容易になったほか、複数のシステムが統合されたことによりデータの一元化も可能になったと伝えている。

 同社は今後、ERPに蓄積されたデータを活用/分析し、ビジネスの拡大に繋げていく目的で、BIツールの導入も視野に入れていると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 基幹系システムに関するアンケート(2017年11月) 【アイティメディア】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 中堅・中小企業の3大課題、リソース・お金・戦略の不足を解消する最短ルートは 【SAPジャパン】 GRANDIT 【GRANDIT】
ERP ERP ERP ERP ERP
斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 基幹系システムに関するアンケート(2017年11月) ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
中堅・中小企業の3大課題、リソース・お金・戦略の不足を解消する最短ルートは 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067594


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ