NCI、障害予兆検知や根本原因特定が可能な運用監視サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NCI、障害予兆検知や根本原因特定が可能な運用監視サービス提供


掲載日:2016/05/25


News

 エヌシーアイ株式会社(NCI)は、ITシステムのパフォーマンス/キャパシティ/セキュリティを管理する、ITOA(IT Operations Analytics)運用監視サービスの提供を開始する。

 今回開始されるサービスでは、具体的に3つのサービスを提供する。“パフォーマンス・マネジメント・サービス”では、ネットワークからサーバー、ストレージ、OS、ミドルウェア、アプリケーションまで、オンプレミスからクラウド、ハイブリッドなど様々なデバイスや環境下の統合モニタリングを実施できる。収集しているデータを基にアラートを検知し、自動化された相関分析による根本原因分析を実施して、その結果を通知する。また、エキスパートによる仮説検証に基づく精細なパフォーマンス分析と結果のレポートなども提供される。

 “キャパシティ・マネジメント・サービス”では、自動化されたキャパシティ予測に基づくキャパシティ・アラートの通知とレポートが行なわれる。キャパシティ問題の“What if”分析やドリルダウン分析による意思決定の支援、将来予測に基づくキャパシティレポートも提供される。

 “セキュリティ・コンティニュアス・モニタリング・サービス”では、PCI-DSSやISOなど業界標準のセキュリティ基準の遵守状況を、4つの要素(ハードウェアアセット/ソフトウェアアセット/コンフィギュレーション/脆弱性)を自動的に継続してスキャニングし、セキュリティ・コンプライアンスの遵守レベルを可視化し、マネジメントを支援する。

 これらにより、システム全体をより安全/確実な稼働に導くマネジメント・プロセスを構築できるほか、サイロ化された運用監視システムと体制の統合による運用の効率化と費用の削減、自動化/計測/データ共有にる開発と運用の連携強化などを図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

SAP運用サポート「ASCサービス」 【日鉄日立システムエンジニアリング】 TBSがERPの保守契約を切り替えた理由 【シーエーシー】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。 基幹系システムの保守にかかるランニングコストは頭の痛い問題だ。純正ベンダー以外が提供する「第三者保守サービス」のメリットを、TBSテレビの事例から探る。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067533


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ